仏高速鉄道TGV

高速鉄道の先駆けといえば日本の新幹線ですが、それに負けじと登場したのがフランスの高速鉄道TGVです。今や新幹線に匹敵するほどの知名度や機能性を誇る高速鉄道として知られているTGVですが、その歴史にはどのようなものがあるのでしょうか。また、その魅力や乗車の際のポイントなども調べてみました。

まず、走行方式についてですが、当初は空気浮上式や磁気浮上式が試されていましたが、技術力やコストの問題で鉄軌道の鉄車輪を使った方式に落ち着きました。研究初期はそのコストパフォーマンスの高さや小型であることから、ガスタービンを動力にすることが決定されていました。その当時のフランス鉄道の技術力は高く、空気力学を使用した車体や高速移動しているときにも使えるブレーキなどを駆使して、当時の最高速度を実験段階で達成してしまうほどでした。

しかし、世界を混乱に陥れたオイルショックの影響で、あえなくガスタービン方式は断念。架線から電力を供給する方式に変更となったのです。紆余曲折を経て1981年にTGVは営業運行を開始します。これは、計画が始まった1967から実に15年近い年月が経った出来事です。このTGVの魅力は最新技術と居心地の良さです。また乗車するときには1等車と2等車の違い、それから食堂車や身体に不自由がある人への配慮などにも注目してみましょう。

TGVはフランスの鉄道であるため、どのような鉄道なのかよく分からないという人もいるかと思います。このページはそんな人のために作成されたページです。あなたの疑問がこのページで解決出来ると嬉しく思います。


▼ 当サイト関連のオススメリンク
日本の新幹線は高い評価を得ており、世界の高速鉄道のお手本ともなっています。海外からの観光客も頻繁に利用しているほどで、新幹線チケットを格安で販売している店舗もあります ≫ 新幹線チケット 格安